Page: 1/137   >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - |
    東京IPO リブセンス
    0
      東京IPOに行ってきました。
      場所は三菱ビル エムプラス 10階グランド 。

      IR企業は株式会社リブセンス(6054・東証1部)。
      スピーカは、代表取締役社長の村上 太一 氏です。

      この会社、なんとなくOKWaveを思い出させるんですよね。
      新しいものを作っても、ネットの世界では簡単にひっくり返る、一番しか生き残れないし、一番は入れ替わるのがネットの世界。
      大手の参入や、海外からの刺客でやられちゃいます。

      mixiなんかも、一時期やばかったですもんね。


      で、話を聞くと、既に東証1部の会社の話とは思えない。

      社長としてのカリスマを感じないし、これから会社を作りたいと思っている若者の荒唐無稽な話を聞いている感じ。


      会社の目的は「不便の解決」とのこと。

      ただ、やっているビジネスは2年前から変わっていません。

      もっと広げていると思ったらゼンゼンです。

      実際に、業績は停滞しています。

      停滞するにはまだ早いはずなのに。



      説明の中で気になったのは「全て内製化」と言っていたこと。

      リブセンスが一部業務を外注しているのは確かな事実なんだけどね。

      外注しているから現場を分かっていない、ニーズを汲み取れていない、そういう部分絶対あるんだよね。


      あと、SEOの失敗でここ1年苦しんでいるらしいです。
      確かに、こればっかりは、絶対はないし、常勝もないでしょうね。


      それから、1人あたりの利益が少ない気がしました。

      社長は多いと自慢していましたが、少ないと思います。


      新規の取り組みとしては、成功報酬ではない、掲載型の求人広告とのこと。
      ・・・意味ないよ。

      それより、新しい取り込みがありそうなのに。

      たとえば、どういう求人を出したら人が取りやすいのか、シフトなどの条件面、募集のキャッチの工夫などをコンサルティングするとか。
      企業にとって大変だと思われる、シフトを組む作業を簡単にするソフトを供給したり、シフトの作業そのものを請け負ったり。

      そういうのが「不便の解決」ではないのかな。

      人が足りない、というけど、余っている時間にもう一つバイトをしたい人はたくさんいるし、条件のミスマッチで働けていない人も、不本意な仕事をしている人もいる。

      そういうところにチャンスあるんじゃないかな。


      新規の取り組みとしてはBtoBの分野で合い見積もりのサイトをしていること。
      あとは、シリコンバレーに研究所を作ったこと。

      合い見積もりのサイトは結果がまだだし、シリコンバレーは現時点では意味が分からない。何もしていない気がする。


      そういえば、一時期やっていたTVCMは辞めたみたいですね。
      効果がなかったのでしょうか。


      最後に、質問がまた残念。
      バカな個人が「配当を」という質問をしていた。

      基本が分かっていないね。

      成長企業は配当よりも再投資が基本だし、あと、株主構成を見ないとダメ。

      リブセンスの場合、半数の株を社長が持っている

      もし、配当したら、大部分が社長のポケットマネーになるだけ。


      そんなことも分からずに配当を提案するというのは不勉強すぎます。


      どうしても株主還元して欲しいなら自社株買いを求めるべきです。

      効果は同じですが、自社株買いで株価が上がれば投資家は売却益を得られますが、経営者は売れない。
      自社株買いなら、投資家だけが利益をもらえるのです。

      | assetty | 13:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      東京IPO 『IPO市場の動向と先行き 〜年末のIPOラッシュで儲ける〜』
      0
        東京IPOに行ってきました。
        場所は三菱ビル エムプラス 10階グランド 。

        雨が降っていたので地下から行ったのですが、ダメですね。

        地下からは10階にエレベータが行かないみたいなのですが、その表示がちゃんとありません。

        無茶苦茶な作りです。


        基調講演は『IPO市場の動向と先行き 〜年末のIPOラッシュで儲ける〜』 、東京IPO編集長 西堀 敬です。

        東京IPO編集長の西堀敬さんは、何回も何回も、何年にも渡って同じ話をしているのですが、ちっとも上手くなりませんね。

        資料も相変わらず見づらい。

        しかも、作りが変です。
        パーセントを足し算したり、ね。


        話の序盤は、黒田バズーカについて。

        黒田バズーカ1回目と今回で同じくらいのインパクトがあるといいます。

        そして、チャートの日柄と値幅を解説。

        日経平均に当てはめると、12月16日に20668円。

        値幅は無理でも日柄はいいのではないか、選挙日程とも合っている、とのこと。

        ドル円は同じ日柄で124円くらい、こっちは可能性あるとのこと。


        そして、日経平均は価格の推移ではなく、PERの推移にも注目。
        ここ1年半くらいはPERはボックスで、16.5辺りが天井です。

        ただし、EPSも上がり、1100円になるので、日経平均は18150円、更に、PERのボックスブレイクもあるとのことでした。


        そして、本題のIPO。

        12月はIPOが集中するので、初値が抑えられ、初値で買って大きく儲けることが出来るとのこと。

        1日で3〜4銘柄の上場の日、しかも、その集中日が連続しているところがチャンス。


        買う対象は、マザーズ銘柄、できればIT系、調達額は15億未満。

        また、初値は高くて良い、高いものが更に上がるとのこと。


        あと、初物、ビジネスモデルが新しいものがよいとのこと。
        今年でいうと、クラウドワークスが注目だそうです。


        あとは、規模の小さい会社で変化率の高いものが良いとのことでした。


        そして、謎だったのは終わった後のあんドーナツ。
        コンビニで普通に売っている、安いドーナツがおみやげです。
        これ、必要なのか?

        | assetty | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        ブリッジサロン インフォメーション・ディベロプメント
        0
          ブリッジサロンに行ってきました。
          場所はKDDIホール。

          株式会社インフォメーション・ディベロプメントです。

          プレゼンターは、代表取締役社長 舩越 真樹氏。

          初めて聞きましたが、面白い人ですね。
          話の面白さは120点です。


          ただ、創業者ではないそうです。


          インフォメーション・ディベロプメントのメインはコンピュータシステムの運用管理。
          堅い仕事かも知れないですね。

          景気の波は受けない業態なので、ディフェンシブ銘柄ですね。

          競合も少ないそうで、参入しても辞める会社が多いそうです。

          逆に、インフォメーション・ディベロプメントは海外にも進出し、運用をしているそうです。
          海外進出の主な理由は、顧客である銀行などが海外へ進出しているためだそうです。


          今後としては、2016年に向けて銀行のシステム統合があること、国民背番号制があることで伸びるとか。
          ただ、これは運用ではなく開発かもですね。


          そして、なんといっても重要なのは、長く保有していた竹田和平さんが売ったそうです。

          1部昇格も果たしたということなので、一旦おしまいですね。
          いずれにしても、竹田和平さんが売っていると知ったら、買う気にはなりません。


          あと、不思議なのは、障害者雇用にわざわざ別会社を作っていること。
          SEは車イスとか体の不自由な人が多い職種のはずです。製造業の会社ではSE子会社で障害者雇用というか、事故で働けなくなった人を雇っています。
          わざわざ別会社で採算の取れない農業をやるって、変です。

          | assetty | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          ブリッジサロン プレステージ・インターナショナル
          0
            ブリッジサロンに行ってきました。
            場所はKDDIホール。

            株式会社プレステージ・インターナショナルです。

            プレゼンターは執行役員 経営統括部長の中山 克哉氏。

            社長じゃないんですね。ガッカリです。

            しかも、証券会社出身とのことなので、創業メンバーでもなさそうです。


            プレステージ・インターナショナルはコールセンタの会社です。

            日本海側の秋田や山形に拠点を持っているそうです。
            方言とか出ないんですかね。


            現在既に、大手企業と複数契約し、ここ数年は業績横這い。
            成長性は疑問というか、明確なプレゼンはありませんでした。

            安定企業だとしたら、配当を出すべきですが、配当利回りはたったの1%です。

            しかも、情報漏洩などで暴落する可能性もある業態です。


            説明では、プレステージ・インターナショナルは全て正社員でやっているから大丈夫とのことでしたが、社員2100人に、センタの席数が2100席。
            稼働率や間接部門の人を考えると計算が合いません。
            夜勤もいるはずですし。

            質問の中で、1席あたり30万円程度の売り上げといっていましたから、正社員なのに月給は10万ちょっとなのでしょうか?
            無理があります。

            社員寮は2食付き、光熱費込みで35000円とのことで最低限の一人暮らしはできるし、主婦の人も多いからなんでしょうが。


            あと、特長として、コールセンタだけでなく、その後に続くロードサービスもやっているそうです。

            こちらは、拠点、人数とも限られ、これから伸ばすのなら伸びる計算。
            ただ、採算が合うのなら他社もやっているはずで、難しいのではないでしょうか。


            そして、IRの目的は、新しいセンターを作るとのこと。
            自社ビルを建てる会社の株は売り、という定石が気になりますね。

            しかも、スポーツ実業団を始めるそうです。しかも2つ。
            そんなことに金を出せと言うのでしょうか。
            無茶ですね。


            | assetty | 10:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            ブリッジサロン ブリッジサロン400回開催記念特別トーク・セッション 〜今改めて「応援投資」を考える〜
            0
              ブリッジサロンに行ってきました。

              基調講演として、「ブリッジサロン400回開催記念特別トーク・セッション 〜今改めて「応援投資」を考える〜」が行われました。
              400回って凄いですね。

              スピーカーは株式会社インベストメントブリッジの保阪さんと廣島さん。

              ただ、話の内容はなく、時間の無駄な感じでした。

               
              | assetty | 10:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              赤い車が売れている
              0
                テレビ東京、モーニングサテライトによると、今、売れ筋の色が変わっているそうです。

                全体的に、白・黒や、そして、青系の寒色ではなく、赤系の暖色が増えているとか。

                それも、洋服などだけではありません。


                変わったところでは企業ロゴなども、赤系の色が増えているとか。


                そんな中でも、注目なのが


                これ、大昔から言われていることですよね。


                赤い車が売れると、好景気です。


                これはいよいよ、日本の新たな、好景気が発進なのでしょうか。


                ファミレスの経営者のインタビューでも、「肉が売れている、この好景気はホンモノだ」なんてのがありました。


                あと、好景気のアノマリーといえば、

                • アップテンポの曲が大ヒットする
                • ミニスカートが流行る

                です。


                2000年のITバブルでは、モーニング娘。の「LOVEマシーン」がヒット。


                2003年からの景気回復では、大阪の女子高生からミニスカートの流行がスタートしました。


                もちろん、バブルの頃は全てが当てはまります。


                ちなみに、ミニスカートの中身まで調べた方が良いという経済学者がいます。
                当然、ミニスカートの中が、赤いパンツやTバックだと景気が良いということです。

                でも、それを調べていた経済学者は、痴漢容疑で捕まりました。

                ねっ、植草さん。



                新型アテンザのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報第477弾)


                WIT'S 1/43 ホンダ CR-Z モデューロ ミラノレッド



                | assetty | 01:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                株式会社小僧寿し、東京IPO「4月3日(水)イブニングIRセミナーin 東京」
                0
                  東京IPO・松井証券共催 SBI証券協力の東京IPO「4月3日(水)イブニングIRセミナーin 東京」、2社目は株式会社小僧寿し(9973・JASDAQ)です。

                  スピーカーは、代表取締役社長の木村育生さん。

                  独特の雰囲気でひょうひょうとしていたのですが、インボイスの創業社長だった人なんですね。
                  そういえば、インボイスを売却して、別の会社を買ったとニュースで聞いたことがあるような気が。


                  話を聞いて感じたのは、道楽ではないのか、ということ。

                  真剣にお金を稼ぐという必死さはなく、「試しにこうしたら、こうでした、次はこうします」と淡々としていました。


                  ただ、木村育生さんが社長になってから、株価は上がり基調で、木村育生さん自身、株を少しずつ売って換金しているそうです。


                  で、小僧寿しですが、すかいらーくからTOBで購入。
                  すかいらーくは完全撤退です。

                  木村育生さんもインボイス株は全て売却です。


                  購入当時は、粗利が55%もあったのに経費が多くてダメだったとか。
                  新体制ではリストラをせず値引きしたとのことで、結果は、連続の赤字。

                  今後はリストラするそうです。


                  事業の柱は、直営店を社員店長やメガフランチャイザーに販売してFCにすること。

                  ここ数年、原田社長のマクドナルドが行っていたことと同じです。


                  ハンバーガーや寿司をちまちま売っても儲からないから、不動産(店舗)を売って、手っ取り早く現金を、ということですね。


                  また、宅配事業を売却したことも気になりました。
                  もしかしたら、キーになる形態、「銀のさら」のように伸びるかも知れないのに。


                  施策としては、冷凍をやめ、生にすること。
                  そして、都心へ出店することです。都心へは、小さな立ち食い点などを出していくそうです。


                  これで利益が出れば50%は配当とのことですが、結果が出るまではなんとも言えないですね。
                  実績がない人の話で、真剣味も感じられないので、信用度は低いです。


                  また、海外展開として、上海、タイに出ていくそうです。

                  そんなところで、テイクアウトして腐らないのか心配です。


                  あと、スイーツ(和菓子)が売れ、売り上げに貢献している、とのことでした。


                  最後に、四季報を見て気になったことが。
                  平均年齢が異様に高いこと、44.4歳です。
                  平均ですからね、これ。
                  20代の人もいることを考えると、残りは50代のおっさんばっかりということですね。


                  | assetty | 06:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  日成ビルド工業株式会社、東京IPO「4月3日(水)イブニングIRセミナーin 東京」
                  0
                    東京IPO・松井証券共催 SBI証券協力の東京IPO「4月3日(水)イブニングIRセミナーin 東京」に行ってきました。

                    場所はベルサール八重洲の3階。

                    平日夕方のセミナーに集まったのは100人ほど。
                    高齢の方が多く、30,40代の男性もいましたが、サラリーマンというよりはトレーダーなのでしょうか、ラフな格好の人が多かったです。


                    1社目は日成ビルド工業株式会社(1916・東証1部)です。

                    スピーカーは代表取締役社長の森岡篤弘さん。
                    2代目なのでしょうか、やり手という感じではなく、ソフトな印象でした。


                    日成ビルド工業はプレハブと立体駐車場の会社です。

                    中国などアジアに展開しているのと、M&Aで拡充している、勢いありそうな会社です。


                    現在のトピックスとしてはマンションの修繕に伴い、駐車場のメンテが見込めること、そして、小僧寿しと共同で、飲食の店舗そのものを移動可能にするということでした。

                    移動可能でスクラップ&ビルドが簡単になるそうです。
                    単に動かせるだけでなく、帳簿上資産除去債務や減損処理が不要で、レンタルも出来ることがメリットです。


                    あと、M&Aで埼玉のコインパーキングの会社を買ったことで、コインパーキングに参入、そして、今まで立体駐車場のなかったシンガポールが伸びそうとのことでした。



                    それから、四季報を見て気になったことが。
                    平均年齢が高いこと、そして、新卒を大量に採っていのに、全員男性だということ。
                    おっさんばっかりの会社で成長できるのでしょうか。
                    | assetty | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    11月の3連休は株高
                    0
                      大和証券の木野内栄治さんが、ニュースモーニングサテライトでアノマリーを紹介していました。

                      それによると。

                       ・11月の3連休開けは株高
                       ・11月の最終週は株高

                      とのこと。


                      11月の3連休は11/3の文化の日、11/23の勤労感謝の日、によって作られるので、2パターンあります。

                      今年は3年ぶりに、11月に3連休がある年になります。

                      98年以降、11月の3連休明けは、10勝1敗。
                      前回、2009年が1敗に当たりますが、その前は、連勝。

                      特に、2008年は2回3連休があり、リーマンショック後なので、それぞれ500円前後の上げ、その前を見ても、大幅高が目立ちます。


                      そして、2000年以降の11月の最終週は、全て高い。
                      ほとんどが400円以上の上げです。

                      3連休明けがマイナスだった、2009年は逆に最終週では、11000円地買い上げ。


                      大和証券の木野内栄治さんの見方では、ブラックフライデーがなんだかんだいっても、上げの材料になるとのこと。

                      確かに、毎年、「今年はダメなんじゃ」といいつつ、結局上げている気がしますね。

                      事前に、懸念があるだけに、上げも大きい感じでしょうか。




                      | assetty | 01:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                      ロムニー・リスク
                      0
                        大和証券の木野内栄治さんが、ニュースモーニングサテライトで現在の下げ相場を解説していました。

                        それによると、大きいのはアメリカ大統領選挙でのロムニー/共和党の巻き返し。

                        ちょっと前まで、オバマの再選で決まりという空気だったのが変わってきました。


                        そして、大統領選挙にはいろいろなアノマリーがあります。


                        今回、木野内栄治さんが指摘したのは、大統領選翌年の株価。

                        民主党が勝つと翌年の株は上がる、共和党が勝つと翌年の株は下がる、というのが割とはっきり出来そうです。



                        ロムニーについては、バーナンキを首にするとか、QE3には反対だとか、いろいろ言ってるので、だめそう感は強そうです。
                        | assetty | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

                        PR

                        Calendar

                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        262728293031 
                        << March 2017 >>

                        Profile

                        Recommend

                        Recommend

                        タートルズの秘密 − 最後に勝つ長期トレンド・フォロー型売買
                        タートルズの秘密 − 最後に勝つ長期トレンド・フォロー型売買 (JUGEMレビュー »)
                        ラッセル サンズ, 長尾 慎太郎, 世良 敬明, 増沢 浩一, 鶴岡 直哉

                        Recommend

                        Recommend

                        Recommend

                        口座管理ソフト MoneyLook Yahoo!版

                        複数の金融口座をひとまとめ!Yahoo!オークションにも対応!

                        パンローリング

                        がんばる投資家の応援サイト トレーダーズショップ
                        個人投資家向け書籍・DVD・セミナーの専門店

                        エンジュク

                        トップファンドマネージャーが教える
                        四季報CD─ROMスクリーニングセミナーDVD
                        プロのスクリーニング条件をのぞいてみませんか?
                        詳細は今すぐ ココをクリック!

                        保険マンモス


                        図表イラストで保険料を3〜4割安くする”ビジュアル生命保険サイト”⇒保険マンモス!

                        アクセスランキング

                        アクセスランキング (このページにリンクするだけで自動的にこのランキングに参加できます。特別な設定、手続きは一切不要です)

                        Search

                        Entry

                        Comment

                        Trackback

                        Archives

                        Category

                        Link

                        Feed

                        Others

                        無料ブログ作成サービス JUGEM

                        Mobile

                        qrcode